« 2011年の始まり | Main | 冬の京都 »

01/18/2011

レーシック完了

3週間前の話ですが・・・。

とうとう受けました。レーシック

両目とも、0.1あるかないかの視力だったのが、一晩にして1.5に回復!!

快適裸眼生活のはじまり~♪   

  

以下長文です。 

根気がある方、レーシックに興味がある方のみ読んでください。

---------------------------------------------------------   

<レーシックを受ける決心をするまで>

両親とも目が良かったので、遺伝ではなかったのですが、

高校生の終わりごろから目が悪くなった私。

メガネをかけるのが嫌で、大学のころも授業中と車の運転のときしか

メガネをかけなかったおかげで、どんどん視力は低下。

社会人4年目で初めてコンタクトを付けてから、ずっとコンタクト生活。 

途中ハードレンズにしたところ、目が二重になり、プチ整形疑惑もあったっけ。

コンタクトすれば遠くまで見れるし、日常生活にまったく支障はないんだけど。

数か月に1回、眼科で処方箋をもらってコンタクトを買いに行くのは面倒。

ワンデーを買い続けると、けっこうお値段もするしね。

      

そして、まわりには、レーシック体験者の友達がたくさん。

レーシックした人は、みんな勧めてきます。

  

絶対やったほうがいいよ。

やらないと人生損してるよ。

やるなら早いほうがいいよ。

 

色々な人に何度も様子を聞いた上で、迷うこと3年。

ついに2010年秋、「2010年中に受けること!」と友人5-6人に後押しされ。。。

これから電話して適応検査の予約しなさい!」まで言われ。。。

----------------------------------------------------------  

<適応検査-品川近視クリニック>

まず。

11月はじめに初めて適応検査を受けに品川近視クリニックへ。

ここでレーシックをした友達の数は、ダントツ一位なんで。

 

有楽町のイトシアのビルの1フロアすべてが適応検査用。

広い。そしてびっくりするくらい、検査に来ている人が多い。

  

予約時間に受付をして待つこと40分。

やっと自分の番が来て、検査の部屋に通されると・・・。

部屋に広がる検査機器。

流れ作業方式で、おそらく一度に10-12人くらいは検査できそう。

その奥には視力検査表がずらっと。

これもまた10人以上一度に検査できるのかな。

  

瞳孔を開ける点眼薬を受けている間に、

最新のレーシック方式のアマリスの説明を、4人で一緒に受け、

「最高級の33万のから一番下の10万くらいのまでの中で

どれにしますか?」と最後にひとりひとり聞かれたりしながら、

検査終了。

  

最後の先生との問診にまた1時間待ち

(待合室にはざっと見ただけで100人くらい。)

問診では「レーシックの問題ないですね、角膜も厚いほうですし・・・」と、

簡単に3分で終了。

  

待っている間に、近くにいた人の中では、

不適応らしく落ち込んでいる人もいたけど。。。

とにかく混んでいて、さくっと終わらされた印象。

全部終わるのに約4時間。週末だったから仕方ないか。

-------------------------------------------

<適応検査-神戸クリニック>

同じ会社で斜め後ろに座っているイケメン新人若者外人が、

たまたま前の週にレーシックを神戸クリニックで受けていた・・・・

そして反対の斜め後ろの席の人も、たまたま3年前に神戸クリニックで

レーシックを受けていて、おすすめ!!!ってことで。

神戸クリニックでも適応検査を受けることにしました。

神戸クリニックは、芸能人やスポーツ選手など、有名人の手術が多いらしい。

手術後に電車に乗って帰るより、近いところで受けてタクシーで帰ったほうが

いいかなーと思ったり。

永久保証がついているから安心って思ったり。

 

そんなつもりで行ったのだけれど、品川近視に比べて、とってもアットホーム。

適応検査は、個別の部屋にひとりだけ入ってマンツーマンの検査。

待ち時間も短い。

先生の診察の後に、1x1のコンサルティングもあって、

こっちのほうが親身になって対応してくれそうな雰囲気。

  

・・・というわけで、お値段は少し品川より高いですが、神戸クリニックに決定。

自分の目は角膜が厚いらしく、少々ドライアイで乱視も入っているけれど、

手術の問題はなしということで、年末の手術を決定。

-------------------------------------------

<そしていよいよ手術>

手術の3日前から点眼薬を挿し、当日は一切化粧禁止のままクリニックへ。

  

手術室の前の待合室に通されて、まず点眼麻酔

麻酔がきくまでの間(前の人の手術が終わるまでの間)

看護師さんが、緊張しないように色々と話しかけてくれるので、

気分はリラックスモード。

受付で緊張を緩和する薬ももらわかなかったのに。全然平気。

  

手術室では。

まず手術台(?)に仰向けに寝ます。

目を見開くために固定する器具を装着され、

角膜を切る(フラップを作る)機械の下に手術台が移動。

角膜を切っている感覚は全然なしのまま、片目ずつ数十秒で終了。

 

次に、レーザーの機械の下に手術台が移動。

角膜が開いた状態で、片目ずつ数十秒レーザーが当てられます。

オレンジの光をボーっと見ていているだけ。

レーザーの音がバチバチっとするから、びっくりしないでくださいと

言われていたけれど、そんな音はほとんど気にならなかった。

フラップを戻す前に水で中を洗ったら、フラップが戻されて終了。

手術室に入ってから、ものの10分で手術は終了

いやー、簡単だし、痛くないし、あっ!!!!っという間。

これで終わり!?って感じ。

 

そういえば、手術中、きれいな看護師さんが、ずっと手を握っていてくれた。

別にそういうのいいんですけど、、、って思ったけど。

意外とこれが安心感につながっていたのかしら?!

これ、男子だったらちょっとドキドキしちゃったりするんじゃないの?

そんなわけないか(笑)

-------------------------------------------

<手術後>  

手術室から、休息室に向かうまでも、普通にひとりで歩いていけるし。

このとき、多少視界はぼんやりしていましたが。

 

休憩室では20分くらい休みました。

私の前に手術を受けていた外人男性が、奥さんと何やら怖い話をしていて

かなり気になったけど。。。

  

休憩後、同じ時間に適応検査を受けていた上司と話をして。

手術中に度なしのダテメガネに変えてもらったメガネをして、

普通にひとりで帰りました。

  

駅まで行って電車乗り継いで帰る気力はなかったので、

タクシーを拾って買ったのはいいけれど、途中でだんだんと

目に違和感が出てくる。。。

これがあの?!しみるってやつ!?

玉ねぎを切ったときに、強く目がシバシバするって感覚の最強版。

痛いわけではないんだけど、静かにしていても、目がしみてしみて。

涙ボロボロ

眠っちゃえばいいかなと思っていたけれど、眠れる状態ではなかった。

だからといって、本を読んだり、PC見たり、テレビ見たりできる状況ではなく。

困ったなー、ちょっと辛いなーと思うところ3時間

   

3時間経てば、涙もだいぶ治まり、涙も落ち着いてきて、見え方もいい感じに。

 

手術当日はお風呂もダメだし、飲酒もダメなので、もうさっさと寝ることに。

神戸クリニックでは、寝るときに目を保護するプラスチックをくれないので、

目に手が当たったりしないように、注意をしながら寝なきゃいけません。

-------------------------------------------

<翌日>

起きたらもう視界良好。

ただし、ちょっと目が乾く感覚があったので、思わず

「あ、コンタクトしたまま寝ちゃった!」って錯覚する感じ。

 

1日にして、遠くまでしっかり見えるというのは、やっぱり感動的。

    

翌日は午前中のうちに、再度クリニックへ行き、検査。

この時点で、片目ずつだと、1.5はちょっと怪しかったんだけど、

両目だったらはっきりと1.5見えました。

 

目に問題はなかったので、この日からアイメイク以外のメイクOK、

お風呂もOK。

飲酒はなるべく控えてください、でも止むをえない場合はほどほどに、、、

ってことだったので、飲みすぎなければOKと勝手に判断。 

(だって、年末年始ですもの、飲むでしょう!)

 

外に出るときだけ、ダテメガネをかけて目を保護すること、

1日に4回、3種類の目薬を5分置きにすることっていうのが面倒だけれど、

それ以外は本当に快適。 

-------------------------------------------

<1週間後>

年末年始を実家でゆっくり過ごして、1週間後。

再度検査です。

視力は、両目ともばっちり1.5見える状態に。

そしてアイメイクも解禁。 

もう完全に目がいいことが普通ですね!! 

 

ただ、残念なことに激しいスポーツ(テニスなどの球技)は、1ヶ月禁止。

万が一、目に当たったら、切った角膜の部分がずれたりするみたいで。

   

あとは、目が悪くならないように、自分なりにケアしなきゃいけないなー。

どうしても仕事上でPC見ること多いので、また目が悪くなるんじゃないかと

多少不安あったり。。。

老眼があと何年で来るんだろうという心配もありますが。。。

-------------------------------------------

ほんと、裸眼生活は快適です。

手術自体も、まったく痛くないし、怖くもなかったので、

興味がある人には、まずは適応検査に行ってみてください!と、

強く勧めます。(私の友達がそうであったように。)

|

« 2011年の始まり | Main | 冬の京都 »

Comments

レーシックかー!快適らしいねぇ。
私、一日中PC眺める生活だから、せっかく手術してもまたすぐ目悪くなっちゃうのでは?と悩むところ。老眼とのタイムリミットも…。
まあ、0.4あるので裸眼でもそこそこ見えるってのもあるんだけど。
手術費用、33万と10万の違いってどこなんだろう?(笑)
勉強になりました!

Posted by: まさみ | 01/20/2011 at 08:59 AM

>まさみちゃん
品川の手術費用の違いは、機械が新しいかどうかってことらしい。そして、とにかく新しいのを薦められる。機械を患者(?)に選ばせるのもどうかねー。 
私も老眼早く来ちゃうかもって懸念もあったんだけど。
とにかく裸眼生活は快適です!

Posted by: m*anan | 01/28/2011 at 01:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139646/50449315

Listed below are links to weblogs that reference レーシック完了:

« 2011年の始まり | Main | 冬の京都 »