06/01/2013

幻の楽器

仙川のアベニューホールにて。「伝説の楽器 アルモニカ」のコンサートを見てきました。


1370077741467.jpg


このアルモニカ、天使の声と言われる楽器で、ベンジャミン・フランクリンが発明したらしいけど、その美しい音色が、人々を夢中にさせてしまい、人体や精神に悪影響する悪魔的な効果があるのではと言われて、200年くらい前に封印されたそうで。やっと30年前に復元されたという幻の楽器。


いくつものお椀状のガラスを並べて、それをモーターだ回して、そのガラスの縁を濡れた手で撫でて音を出すという、なんとも難しそうな楽器です。


ワイングラスに水を入れて並べて縁を触って音を出す、というのに似ている原理だけど、水を入れなくてもガラスの大きさが違うから、異なった音が出るってことです。


1370077742593.jpg

日本では唯一、尾西さんしか演奏できる人いないらしい、超珍しい楽器なんです!!


それを生演奏で聞いてみると…


天から体が吸い上げられてしまいそうな、ふわーっとした透き通った高音、幻想的で癒し!

曲目の中では特に、ジムノペディや白鳥が良かったなぁ。


今回は、チェレスタとのアンサンブルだったのだけれど、このチェレスタも私は音が好き。鉄琴が入った可愛らしい音が何とも言えない。

チャイコフスキーのくるみ割り人形の中の「金平糖の精の踊り」は、チェレスタのために作られた曲なんだって。せっかくだからそれも聞きたかったわ。滅多にチェレスタなんて聞く機会ないんだし。

1370077743453.jpg


| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/12/2012

Lady Gaga様

5月12日の土曜日。さいたまスーパーアリーナにて。

Gaga様のライブ、Born This Way Ballを観てきました!!

e-plusやら、ファミマやらの先行予約の抽選に応募すること3回目で、やっとチケットゲット。

ザ、エンターテイメント!!
すごかった。さすが、ガガ様。


1365272764777.jpg

1365272767098.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/05/2012

しあわせのパン

北海道は洞爺湖、そのほとりの月浦を舞台にしたほのぼの映画。主演は大泉洋と原田知世!!

これは見ないと!!

ってことで、公開翌週に観て来ました。

1329843930962.jpg


2人が経営するカフェ、マーニ。

北欧を思わせる、シンプルな木の家具がすごくいい感じ。

奥さんのりえさん(原田知世)の入れるコーヒーと、旦那様の水縞君(洋ちゃん)が焼くパンが、いちいちかーなーり美味しそうだった!!

いつもちょっと寂しげな奥様を優しく見守る旦那様役、洋ちゃん見事に切なく演じてた〜。


夏に訪れるお客様は、20代の女子と青年のエピソード。

秋のお客様は、小学生の女の子とお父さんのエピソード。

冬のお客様は、老年夫婦のエピソード。

そして春のお客様は?!
(なんとなくオチは想像ついてしまってたけど。)

すべて、よくある話なんだけどね。

月浦の風景がきれいで、個性派揃いの役者さんたちがいい味出してて、見ててほっとする、癒される映画でした。

田舎暮らし、カフェ経営。ちょっと憧れました。
(たぶんほんとは大変なんだろうけど。)

しあわせのパン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/26/2011

B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-

1329841855173.jpg


今年のクリスマスはB'zのLIVE-GYM見に行くため、東京ドームへ!!


1329841856112.jpg


B'zのライブ初めてだったけど、すっごく楽しかったー!!

なんだかんだ言っても、けっこう知ってる曲あるしね。

見に来ている人達の年齢層も、上から下までかなり幅広いけど、みんなかなり盛り上がってて、その一体感が何とも言えず良かった!!

私はスタンド席だったけど、ステージがアリーナの上を動くのとか、ビックリ。ステージ下で聞いてる人達もいるってことだもんね。

松本さんのギターは、さすがです。痺れました。

そして、クリスマス当日に聞く、生「いつかのメリークリスマス」は、なんか特別だよねー。


うっかりTシャツ買っちゃった!


1329841856704.jpg


セットリスト。

1. さよなら傷だらけの日々よ
2.さまよえる蒼い弾丸
3. Don't Wanna Lie
4.ピルグリム
5. BE THERE
6. Homebound
7. ボス
8. 命名
9. DAREKA
10. SPLASH!
11. Brotherhood
12. #1090
13. BLOWIN'
14. イチブトゼンブ
15. 裸足の女神
16. Liar! Liar!
17. ZERO
18. DIVE
19. ザ・マイスター
20. C'mon

アンコール
21. いつかのメリークリスマス
22. ultra soul
23. Calling

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/03/2011

ワシントン ナショナル・ギャラリー展

金曜日の会社帰り、国立新美術館で開催中の

ワシントン ナショナル・ギャラリ―展へ。

印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」です。  

   Img_1890   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月にワシントンDCに行ったとき、ナショナルギャラリーにも行ったのですが、

私の好きな、印象派・ポスト印象派のエリアがすべてクローズされていて、

残念ながら見ることができなかったので、リベンジ! 

 

金曜日の夜の美術館は、めずらしくとても空いていました。

絵と絵の感覚が広く取ってあって、とても余裕のあるスペース取りだったせいか、

特にゆっくりと見れた感じ。 

 

そして有名画家の作品がめじろ押し。

印象派、モネ、ルノワール、ピサロ、シスレー、ドガ。

明るい色彩、やさしいタッチの絵画が癒し。。。

 

モネ。 ヴェトイユ画家の庭。 

06_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピサロ。カルーゼル広場。   

04_2     
  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルノワール。ポンヌフ。     

07  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんか、パリに行きたい気分になっちゃった~。

 

ポスト印象派、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、スーラ、ロートレック。。。

クセがあって強いイメージのポスト印象派は、あんまり興味ないんだけど、

ゴッホは好き。

 

ゴッホ。自画像。(亡くなる前の歳のもの。かなりやつれてる。)

14  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴッホって、37歳で亡くなっているんだよねぇ。

短い人生で、これだけ後世に残す作品を創ってるんだよねぇ。

比べる対象にはならないけれど、私も今年37歳。

私は今何を残せているのかしら?とふと思ったのでした。

 

 

油絵だけでなく、この有名画家たちのデッサンとか版画とか、

パステル画の作品がとても多くあったのは、すごく面白かった。

 

ロートレック。アンバサドゥールの粋な人々。

(最近ロートレックの絵のタッチも好きになってきた。) 

10  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番気に入ってしまった作品は、

シスレー原画のリトグラフ、川岸(Banks of the River)

超かわいい(笑)。思わずクリアファイル買っちゃった。  

Img_1897_2   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後で知ったけど、こういう紙の上の作品は、作品保護のため、

本家のナショナルギャラリーでも、滅多に見られないんだとか。

しかも貸出は、1作品につき15回までという規定があるんだとか。

貴重な機会。まさに「奇跡のコレクション」が見ることができた!  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/17/2011

PAUL KLEE

東京国立近代美術館で開催中の、PAUL KLEEの展覧会へ。

「おわらないアトリエ」。  

http://klee.exhn.jp/index.html  

Paul_klee    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページ見ても、何点の絵が展示されているのか書いてなかったので、

枚数少ないのかなーと思って、夕方に行ってしまったら。

 

かなりの枚数で、とっても見ごたえがありました。

こんなにあるんだったら、閉館1時間前じゃなくて、もっと前に行くべきだった。 

 

クレーがその時代に、どこのアトリエでどの絵を描いたか、とか、

クレーのちょっと変わった技法(写したり、切ったり、貼ったり、回したり)とか、

絵の裏にも絵を描いていた、とか。。。

 

とてもよくクレーのことが分かって、すごく興味深い展示会で、大満足。

クレーの絵って、すごく癒し効果があるのよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/16/2010

内田光子の弾き振り

クリーヴランド管弦楽団 来日公演

内田光子ピアノ&指揮 サントリーホールスペシャルステージ

Img_1026  

 

 

 

 

 

  

Img_1028   

 

 

  

  

    

   

   

    

     

一年ぶりに内田光子の音を聞いてきました!

去年初めて聞いたとき、この人のピアノはすごいっ!と感動しまして。

また聞きに行きたいと心から思ったのでした。

今年になって、秋に来日公演があると知っては、

入手困難なチケットを、先行販売で早々と半年も以上前からゲット!

(と言いつつ、かなり前に取ったため、忘れかけていたという事実もありますが。)

    

今回はソロのピアノではなくて、 オーケストラとの競演です!

しかも、弾き振り。 

ピアノを弾きながら、オケの指揮もやっちゃうんですよ。 

  

しかも、私が唯一持っている内田光子のCD、

「モーツァルト ピアノ協奏曲23番と24番」の演奏とのこと!!

 

見にいくしかないでしょ~。 

   

そして、当日。

今回も彼女のピアノの音に酔いしれました。

弾き振りが見事、というか圧巻でした。

体全部使って表現して、腕を大きく振ったかと思うと、

そのまま鍵盤に手がいって、自然な流れでピアノが入る・・・。

オケとの一体感に、ゾクゾクきました! 

ほんと、すごいもの見ちゃった、すごいもの聞いちゃった!って感覚。

 

観客席からの拍手も、鳴りやまず・・・。 

 

でも、あんなに拍手が続いているのに、アンコールなしでした。

そりゃそうか?!

あんなに全身全霊で指揮とピアノしていたら、

アンコールまでやるのは、ものすごい大変なことなんだろうな。

まだ東京初日で、公演は残っていることだし。

 

しかしアンコールなしでも、十分に満足な内容でした。

14日(日)の曲目は、こちら。(全部モーツァルト)

1曲目:ディヴェルティメント ヘ長調K138(指揮なしのストリングスのみ)

2曲目:ピアノ協奏曲 23番 イ長調K488(内田光子指揮・ピアノ) 

3曲目:ピアノ協奏曲 24番 ハ短調K491(内田光子指揮・ピアノ)

 

来年も来日演奏があるようで。。。

頑張って、またチケット取ろうかな。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/31/2010

ゴッホ展

先日、国立新美術館のゴッホ展を見てきました。

金曜日の夜、会社帰りにふらふら~っと。

Img_0989  

 

 

 

 

     

Img_0991  

 

 

  

 

  

 

 

  

 

         

今年7月に行った、オルセー美術館展でも、ちらっと書きましたが、

けっこう私、ゴッホ好きなんですわ。

iPhoneの待受け画面は、ゴッホの絵のまま、ずっと変えていません。

この「夜のカフェテラス」は、実家の自分の部屋にもポスターが貼ってあります。

Dscn3896 

 

 

 

 

 

       

今回はそんなに激混みでもなさそうだったので、

イヤホン音声ガイドを借りてみました。

絵の前で、音声ガイドシートに載っている同じ絵を、

ペン先でタッチすると、それの解説が聞けるというタイプ。

ナレーションは、なんとTBSの安住アナウンサー。

聞きやすかった!

Img_0992  

 

 

 

 

 

 

  

  

   

 

この展覧会は、ゴッホが画家として生きた歴史を追う感じで、

1880年~1890年までの作品を、時系列に見せていました。

また、ゴッホが影響を受けていた画家の絵も一緒に展示していて、

とても分かりやすかったです。 

  

はじめは、デッサンが多かったんですね。

パリに行ってから、印象派の画家の色調が明るい絵を見て、

原色を使った明るい絵を描くようになったのね。

  

しかし、ゴッホはゴーギャンとの共同生活で頭がおかしくなり、

自分で耳を切っちゃう。

そのあと37歳の若さでピストル自殺。

  

結局、画家として10年くらいしか生きていない。

生前に売れた作品も1点だけだったとか・・・。 

    

ゴッホの生涯については、高校生のときの授業で1ヶ月かけて

勉強(?)研究(?)したんで、よく知っているはずだったんだけど。

かなり忘れていたー!! 

  

かなり見ごたえがあるゴッホ展でした。

でも、私の好きな、夜の絵(夜のカフェテリアとか、星降る夜とか)、

超有名なひまわりの絵もなかったのが、ちょっと残念ではありました。。。

あの絵を見ると、元気が出るんだけど。  

   

ゴッホ展の他に、ほんとはその時にやっていた二紀展も見るつもりだったけど、

二紀展は金曜日の夜だからって、遅くまでやっているわけではなく、

会社帰りに間に合わない時間に終わってしまっていたーーー。

せっかく父親の絵画の先生の作品とか、父親の同級生の作品とか

見ようと思っていたのに。。。

残念ながら見られませんでした。

美術館自体は開いているんだから、金曜日くらい延長してくれればいいのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2010

へいへいもへじ

ものすごい湿気にうんざりな梅雨。

すっきりしない天気が続いています。。。

   

そんな中、会社帰りに国立新美術館に行ってきました。

会社から歩いて10分かからないんで。。。

金曜日は夜8時までやっているので、余裕。

平日だから空いているかなぁと少し期待していったけれど、

混んでたーーーー。

金曜の夜にあの人なんだから、土日はどんだけ!?

Img_0724  

 

 

 

 

  

 

     

    

お目当ては、オルセー美術館展2010。  

Sちゃんのブログで見て、行かなきゃーって思って。  

1週間の疲れが癒されましたよ、モネの絵に、セザンヌの絵に。。。   

Img_0725   

  

 

 

 

 

  

   

   

  

     

私が好きだったのは、やっぱりゴッホの「星降る夜」だなぁ。

星と街灯の光の下に、恋人同士が寄り沿っていて、ロマンチックです。

なんかゴッホの夜の絵って魅力的なのよねぇ。

夜のカフェテラスって絵をiPhone買ってすぐからずっと待受画面にしてる!)

高校の頃に、ゴッホの人生についてかなり時間をかけて授業で習ったので、

ゴッホに関しては、特別な思い。   

       

シスレーの「モレの橋」も、ほのぼのした雰囲気が好きでした。

あとはモネの定番、「日傘の女性」とか「睡蓮」とか? 

 

あんまり好きでなかったロートレックは、「黒いボアの女」の目にやられた!

印象的だった。。。 

 

最後にヴュイヤールの公園の絵シリーズ(?)にも、

ちょっと見入ってしまいました。  

       

まぁ、混んでいたので、あまり興味のないところは、ささーっと通って、

最後のスーベニアショップで、気になった絵の絵ハガキを買い、

さっさと展覧会を後にしまして。。。 

Img_0727   

 

 

  

  

    

  

  

    

 

          

     

向かった先は地下のミュージアムショップ「Souvenir from Tokyo」へ。 

    

ここ、大好きなんですよ。。。

面白いものがたくさんあって、ずっと見ていても飽きないの。

和風なものから、斬新なデザインのものから、

おもちゃから日用品から。。。

絵を見ていた時間より、このショップにいた時間のほうが長かったかも。

 

そして、あまりにもかわいくって、買ってしまったもの。

てるてる五兄弟の長男、次男、三男。

長男:へのへのもへじ  性格:正統派長兄。生真面目で頑固。

次男:へへへへもへじ  性格:温厚な次男。面倒見の良い優男。

三男:へいへいもへじ  性格:お調子者三男。人情もろい面も。

Dscn3753   

   

   

   

   

   

    

        

私は、三男君が愛嬌があって一番のお気に入り♪

こんなジメジメした時だからこそ、明るい子がいい気がする!!

           

ちなみに、四男と五男は購入せず。

なぜかというと、てるてる坊主として、なんか頼りなさそうだったんで。

こんな二人がいたら、余計雨降っちゃいそうじゃない!?

四男:へろへろもへじ  性格:放浪派四男。大酒呑み。楽天家。

五男:へとへともへじ  性格:心配性な末っ子。やや人見知り。 

  

ゴルフするって時に限って、雨が降るパターンが多い感じが

最近するんで、もしや私は雨女?!って思い始めていましたが。

このてるてる坊主君の力を、いざって時に発揮してもらいましょ。

    

けど、3人いても仕方ないんで、もしも、

1)自分よりすごい雨女を見たことがない、

2)楽しみにしていた遠足はいつも雨だった、

3)家を出ようとすると、すぐに雨が降ってくる、

って人がいれば、長男君か、次男君を差し上げますのでご一報を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2010

ピアノと私

ゴールデンウィーク後も、しばらく実家に戻っています。

贅沢なことに1ヵ月間の休暇。

 

東京にいたら、だらだらと昼まで寝て、午後はショッピングで散財、、、

なんて日々になってしまいそうだったので、しばらく実家に避難。

ここだったら、多少は健全な休暇が送れます。

 

さて、今日は両親とも外出だったこともあり、

久々に実家に置いてあるピアノに触れてみました。

東京にも電子ピアノはあるとは言え、ここ1年くらい弾いていないので、

本当に、おそるおそるのピアノ。。。 

 

思ったとおり。愕然。

指の動きが悪すぎ。

鍵盤の位置の感覚がなさすぎ。

 

そりゃ、ずっと弾いていないんだから仕方ないけれど。

子犬のワルツでさえ、ガタガタ。

得意だったノクターンも、どうしちゃったんでしょう?

音を外しまくり。 

  

あまりにも「曲」として成り立たないので、簡単な楽譜はないかと

ピアノ付近を探していると。。。 

こんなものを発見。

Img_0645_4  

 

 

     

  

  

 

   

  

  

S 54. 4/3って、私、まだ4歳。

そう、ピアノを習い始めた当初のピアノノート。

最初に習ったのは、ト音記号の書き方だったのね?

右下の花丸が、なんだかほほえましく感じてしまう。

    

さらに数ページ進むと、

Img_0646_2    

 

 

 

 

 

     

      

    

「Fine」と「D.C.」って書いてあります。

(ひらがなとカタカナがごちゃまぜですが。。。)

   

そしてその次のページには、   

Img_0647_2       

     

   

    

   

  

  

   

   

「おわりのせん」。

     

楽譜の終止線を習う前に、FineとD.Cを習っていたんだ。。。

しかも、終止線を習ったのが5/8ということを考えると、

ピアノを習い始めて、1ヵ月経っていない4歳児に、

FineとD.C.を教えていたってことになります。

  

なぜ?

   

私、ちゃんと理解していたのかしら?

そのあとのページは、こんなんですけど。。。

Img_0648_2  

 

 

 

 

 

 

   

 

しかしながら、子供の理解力ってすごいなーと、我ながらびっくりします。

4歳でカデンツって言葉知ってたんだ。

Img_0649_2   

  

 

  

 

  

   

     

 

発表会のプログラムや、発表会で弾いた曲の楽譜も、全部残っていました。

捨てられてなく、全部そのままピアノの横においてあったのがすごい。

(親に感謝です。)

  

初めての発表会は、5歳。幼稚園に入ったばかりの頃。

「こだまのワルツ」を弾きました。

習って1年で、ここまで楽譜が読めて、弾けるようになったのね?

(コピーした楽譜を厚紙に貼って、テープで回りを補強しているのが

時代を感じさせますが。)

Img_0650_2    

   

    

   

   

   

    

  

   

その時の写真↓。床に足が全然ついていません。。。 

Dscn3496

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

その2年後。

小学2年生になったばかりの7歳では、けっこう難しい曲を弾いていたんです。

(題名はチューリップですけど、♪咲いたー、咲いたーの曲ではないです。)

楽譜はこんな感じなのに、、、、  

Img_0651 

    

   

   

   

   

    

     

     

 

楽譜の裏にはこんな絵が。。。

やはり子供であります。

Dscn3491_2   

 

 

  

  

  

   

     

 

高校卒業までは、しっかり習っていたし、練習もちゃんとしていたんだけれど、

今思うと、私のピアノの才能のピークは、小1-2くらいだったのかも。

もしかしたら、一瞬くらいは親にピアニストの夢を抱かせてしまったかもしれない。 

  

  

最後に。

ピアノを買ってもらったばかりの時の、嬉しそうな私の写真。無邪気だー。

Dscn3494  

   

  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧